茅ヶ崎市・秦野市の葬儀・葬式なら最安値価格帯の里山葬祭

知りたかった葬祭のこんなこと
howto

知りたかった葬祭のこんなこと

疑問解明Q&A

葬儀の特徴や儀式の由来など、

疑問に思っていても誰に聞いたら良いかわかりません。

そこで知っておくと便利な「なるほど」をご紹介します。

 

tel

1.通夜、葬儀、告別式にすべてに参列するの?

2.香典を袱紗で包む際の包み方、渡し方は?

3.お悔やみの言葉で気をつけなけらばならないことは?

4.読経中もしも子どもが騒ぎ出したらどうすればいい?

5.告別式のあと精進落としで参加者を限定する理由は?

6.供物を送ったら香典は?

7.厚志を辞退しているとき香典はどうしたらいい?

8.代理が参列していいの?

9.不幸を後で知った場合は?

10.献花の花の種類は?

11.弔問客を見送らない?

 

12. 映画「おくりびと」で知られるようになった納棺師 納棺の儀式は可能?

13.忌中と喪中の期間はいつまで?

14.喪中に避ける事は?

15.死体火葬・埋葬許可書はいるまで保管したらいいの?

16.不幸があったお宅にお歳暮は?

17.永代供養とは具体的にどういうこと?

18.家族がなくなった場合、1年間は神社の鳥居をくぐってはいけないのはなぜ?

19.お盆の際に供える茄子や胡瓜の意味は?

20.お盆の時になぜ沢山の盆提灯を出すの?

21.盆踊りの意味は?

22.お彼岸とは何の事?なぜ、ぼた餅やおはぎを供えるの?

23.仏教以外の宗教でも、お盆、お彼岸のような行事はある?

24.葬儀保険とはどんなもの? 

Q1 通夜、葬儀、告別式すべてに参列するの?

親族・親戚の場合

故人と同居の親族は喪主と共に通夜、葬儀、告別式を執り行う。

一般的には、親族・親戚は通夜から葬儀、告別式へとすべてに出席するのが基本。

但し、普段から全く付き合いがなければ告別式だけに出席すれば特に問題ない。

会社・職場関係の場合

故人と親しい、特に世話になった、あるいは故人の直属の上司という人は、通夜、葬儀、告別式に出席する。

故人の勤務先の代表者は、可能なら通夜と告別式の両方に出席。

それ以外は、告別式のみに出席するか、あるいは代表者名で弔電を送ったり、連名で香典を出し、代表者のみ告別式に参列するケースが多い。

▲一覧に戻る

Q2 香典を袱紗で包む際の包み方、渡し方は?

香典は不祝儀袋に入れ、袱紗などで包んで持っていく(ハンカチで代用しても良い)

死を予測していたと思われてしまうため、新札は包まない事。

ご霊前の祭壇に供える場合は、表書きを自分側に向けて供える。

受付で渡す場合は、受け取る人に向けて渡す。香典の断りがあれば、無理に渡さなくて良い。

香典についての詳しいQ&Aはこちら

koden08

 

  ▲一覧に戻る

Q3 お悔みの言葉で気を付けなければいけないことは?

葬式でのお悔やみの言葉は、故人との関係によって変わるが、余計なことを言うとかえって差し障りが出来てしまう事も考えられるので、手短に平凡な方が問題も少ない。

葬式では、通夜と違って、喪主や遺族にお悔みの言葉を述べないのが礼儀とされる。

目が合っても黙礼程度にとどめておくのが良い。

また生前の病状などを根掘り葉掘り聞くことはもちろん失礼にあたるので注意が必要。

  ▲一覧に戻る

Q4 読経中もしも子供が騒ぎ出したらどうすればいい?

読経中は私語をつつしんで、正座で聞くのが基本。

読経中の時間は普通長くて30分位で、読経の最中はお焼香以外は席を立つことは避けたい。

もし、小さい子供を連れていて、子供が静かに聞くことが出来ず周りの人々に迷惑がかかるような場合には、静かに席を立って、子供と一緒に会場外へ出ても構わない。

  ▲一覧に戻る

 

 Q5 告別式の後の精進落とし(お斎の席)で参加者を限定する理由は?

 そもそも精進落としとは、四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻すこと。

現在では火葬場から戻った後に行う初七日法要の際に、僧侶や世話役などの労をねぎらう宴席の事を言い、お斎(おとき)と呼ぶ地域もある。

精進落としの料理は地域や地区によってさまざまだが、郷土料理が出される事が多い。

精進落としの際の膳の数や香典返し、法要記念品の粗供養などの数を事前に把握する為、参加人数を限定する場合がある。

  ▲一覧に戻る

Q6  供物を送ったら香典は?

香典、供物、供花の由来はもともと同じ。

霊前に品物や花を供えたうえ、さらに香典を包むのは二重になるので本来必要ないこと。

但し、気持ちの問題で、親しい間柄や、親類、身内の場合は贈ることが多い。

  ▲一覧に戻る

Q7  厚志を辞退している時、香典はどうしたらいい?

喪家から「ご厚志はお断りいたします」とは、供物・供花・香典は一切受け取らないということ。

「供物・供花は辞退させていただきます」とは、香典は受け取るという事。

いずれの時も喪家の意向を尊重する。

  ▲一覧に戻る

Q8  代理が参列していいの?

諸事情で弔問に行かれない場合、夫不在なら妻、親が無理な場合は子というのが多い。

代理人が故人と面識がない場合は、告別式だけに参列し、後日、当人が改めて弔問に行くのが良い。

記帳の祭、当人の名前の下に「代」、あるいは妻の場合は「内」と書き添える。

  ▲一覧に戻る

Q9  不幸を後で知った場合は?

知った時点で連絡し、都合を確認して、ご自宅へお悔みに行く。

あえて直接連絡して来なかったのなら、お香典を同封し、手紙を出す程度にとどめる。

四十九日を過ぎている場合は、一周忌などの節目に花や線香を送り弔意を示すのが良い。

  ▲一覧に戻る

Q10  献花の花の種類は?

ガーベラ

不幸には白い花というのが定番だが、故人が好んだ花なら白以外でも問題ない。

一般的には菊、ユリ、ガーベラ、フリージアの白が基本。

  ▲一覧に戻る

Q11  弔問客を見送らない?

 たとえ目上の人であっても喪主は出口に見送りに出ないのがマナー。僧侶が帰る時も遺族は見送らずに席についたまま目礼する。

見送りの必要がある場合には、世話役が喪主や遺族の代わりを務める。

通夜や葬儀の際には、喪主をはじめ遺族は玄関や出入口まで弔問客を出迎えたり送り出したりしない。

喪主や遺族は祭壇の脇で弔問客のあいさつを受ける。

  ▲一覧に戻る

Q12  映画「おくりびと」で知られるようになった納棺師 納棺の儀式は可能?

可能です。

当社で対応いたしますので、ご希望の方は是非ご相談下さい。

  ▲一覧に戻る

Q13  忌中と喪中の期間はいつまで?

近親者がなくなったとき、一定の期間は喪に服する事を忌服(きぶく)という。

「忌」は死を忌み、身を慎む事。「服」は喪服をつけて喪に服す事を意味。

身内に死者が出たことから一定の期間行いを慎み、家にこもって外出せず身を清める事を表している。

日本では、古くから忌服の制度があり「服忌令」というものが出され、忌服の期間が決められていた。

現在では、忌は初七日まで、気持ちの上での服喪は四十九日までと考えられている。

一般的には四十九日までは忌中、一年間は喪中としている。

  ▲一覧に戻る

Q14  喪中にさける事は?

慶事には出席しません。

喪中には出来るだけ結婚式<一般的には百箇日過ぎれば出席している人が多い>や賀寿などといった慶事への出席や、神社などへの参拝は慎み、故人の冥福を祈る様にする。

また喪中に年を越す場合には、門松、しめなわ、鏡餅などの正月飾りをつけたり、おせち料理で祝ったり年始回りや年賀の挨拶なども遠慮。12月初めに年賀欠礼の挨拶状でその旨を事前に伝える。

  ▲一覧に戻る

Q15  死体火葬・埋葬許可書はいつまで保管したらいいの?

死亡届を出すと火葬許可書が交付される。

火葬の当日、火葬場の管理者に提出する。ここで交付される「火葬証明書」は埋葬の時に必要な「死体埋葬許可証」になる。

この許可証は5年保管義務があり、再発行はしてもらえない。

  ▲一覧に戻る

Q16  不幸があったお宅にお歳暮は?

お中元やお歳暮はお祝いではないので贈っても贈らなくても構わない。

しかし、四十九日を過ぎてない場合は時期をずらした方が良い。

  ▲一覧に戻る

Q17  永代供養とは具体的にどういうこと?

法要を執り行う人が居ないなど、何らかの事情があり法要や供養が出来ない場合、墓参りをしなくても寺院が供養と管理をしてくれる制度の事。

墓石代がかからない為、安価で宗旨・宗派の関係がなく供養することが出来る。

  ▲一覧に戻る

Q18  家族が亡くなった場合1年間は神社の鳥居をくぐってはいけないのはなぜか?

神社に参詣する際に亡くなった家族の「死」に気持ちや考えが注がれている状態では気が枯れている状態と考えられ「気枯(けが)れる」から「穢(けが)れる」という発想につながると言われている。

つまり神社では「死」を不浄するのではなく、神様に失礼なので気のないときには鳥居をくぐってはならないという意味。

  ▲一覧に戻る

Q19  お盆の際に仏壇に供える牛と馬。牛は茄子、馬は胡瓜、これにはどんな意味が?

迎え盆には、先祖の魂に早く来てもらえる様に足の速い馬に。

送り盆には少しでもゆっくり帰ってもらうために足の遅い牛に。という意味がこめられている。

胡瓜と茄子を使う理由はさまざまあるが、夏の時期に収穫される野菜の収穫祭の名残、形が似ている為などの説がある。

  ▲一覧に戻る

Q20  お盆の時はなぜ沢山の盆提灯を出すの?

軒先や、縁側、仏壇の前に提灯を吊るして火を灯し、その灯りによって先祖の魂が迷うことなく生前の家まで来られる様にする為。

  ▲一覧に戻る

Q21  盆踊りの意味は?

最近では宗教的な意味合いは薄れてきたが、元来盆踊りは戻ってきた精霊を慰め送り出すために催されてきた。

また戻ってきた霊が、供養のおかげで成仏できた喜びを踊りで表すと、と伝えられている地方もある。

私たちが先祖に感謝し生きている事の喜びを表現する為に踊ると考えるのが良いと思われる。

  ▲一覧に戻る

Q22  お彼岸とは何の事?また、なぜおはぎやぼた餅を供えるの?

「彼岸」とは煩悩を脱した悟りの境地の事で、迷いや煩悩に満ちた現世を、こちら側の岸という意味の「此岸(しがん)」というのに対して、向こう側の岸という意味の「彼岸」という。

浄土思想の一種で西方の遥か彼方に極楽浄土があると考えられ、太陽が真東から昇り真西に沈む秋分・春分の日に太陽を礼拝し先祖を敬い亡くなった人々を偲ぶ意味で彼岸に墓参りをする習慣がついたと考えられている。

ぼた餅、おはぎは同じ物だが、それぞれ季節に咲く花を模している。

ぼた餅(牡丹餅)は春に咲く牡丹、おはぎ(御萩)は秋に咲く萩の花とされている。

01

  ▲一覧に戻る

Q23  仏教以外の宗教でもお盆、お彼岸の様な行事はあるの?

神道でも仏教とほぼ同じ形でお盆・お彼岸を行う。

神道のお盆を盆祭・中元祭、お彼岸をそれぞれ春季皇霊祭・秋季皇霊祭と呼び、キリスト教ではイースター(復活祭)に故人の墓参りをする。

  ▲一覧に戻る

Q24  葬儀保険とはどんなもの?

人が亡くなると、祭壇や会館使用料などの葬儀費用一式、飲食接待費用、宗教者への謝礼といった葬儀費用のほか、入院・通院費の精算や、法要、遺産相続に必要な手続き、家財の処分や清掃等色んなものに費用がかかる。

さらに、仏壇や墓を持っていない家では、それらを購入する費用も必要になる。

これらの費用は遺族にとっては大きな負担となる場合がほとんどです。

葬儀や葬儀以外の費用を支払う事を目的とした死亡保険(=葬儀保険)や医療保険で

「小額短期保険」という保険が注目を集めているそうです。

一般の生命保険や損害保険に比べて入りやすく、「90代高齢でも加入可能」、「健康状態項目も減りに審査が省略されている」といった特徴もあるようです。

▲一覧に戻る

 

その他の些細な疑問もお気軽にお問い合わせください。

バナー大

無料相談フォーム