茅ヶ崎市・秦野市の葬儀・葬式なら最安値価格帯の里山葬祭

知っていましたか?事前準備・生前相談の大切さ
jizensoudan

知っていましたか?事前準備・生前相談の大切さ

jizenn

事前準備・生前相談のメリット

事前相談は必要なの?

  1. 葬儀にかかる費用を事前に把握する
  2. 希望通りの葬儀が行える
  3. もしもの時の為に‥
  4. 葬儀社の比較
  5. 相談の方法
ojiisan_obaasan_face

 

その1 葬儀にかかる費用を事前に把握する

 

気になる費用・プランをあらかじめ把握し不要なオプションを省く

葬儀社が提示するプランの中には、実際には不要なオプションやランクを下げられるものがあります。

また自身の希望する葬儀の予算の把握、何が必要で何が必要でないか一度見直してみませんか。

予算に合わせてあらかじめ決めておく。

見積もりを取っておく。

プラン・オプションを具体的に決めておく。

里山葬祭プランはこちら

 

昔に比べて料金体系がわかりやすくなってきたといわれていますが、

やはりまだまだ葬儀の費用には「」がつきまとうのが現状です。

「チラシ・広告と請求費用で差があった」「聞いていない費用が上乗せされていた」という声があがっており、

まだまだ不透明さはぬぐえません。

その不透明さを解消するために有効なのが、事前準備・生前相談。

その2 希望通りの葬儀が行える

生前にお話させていただくことで、再度確認、ご不明な点などは里山葬祭からも様々な提案をさせていただき、

少しでも希望に添えるようお手伝いさせて頂きます。

一般的な式ではなく、故人・ご家族の望み通りの式が行えるようになり、

細かなところまで“故人らしさ”を盛り込むことができます。

 

とは言えまだ、どんな葬儀にしたいかハッキリと自分でもわからない‥

どんな葬儀・プランがあるのか‥

規模がどの程度でどのくらい予算がかかるのか‥

ご不明な点、ご心配な点、些細な事もも是非ご相談下さい。

その3 もしもの時の為に‥

万一のときに慌てずに済む

いざそのときになると、式場、連絡先、会葬者リスト、各所への手続きなど、決めることや手配することがたくさんあります。すべて重要なことだけに、おろそかにすることはできません。

しかし、悲しみに暮れているのも事実。

事前準備・生前相談は、そんなときの心の負担を軽くすることにつながります。

里山葬祭(低価格葬推進センター)では、事前準備や生前相談のご依頼をお受けしています。

ご本人様であっても、ご家族であっても、納得できる葬儀を行うためにお話をさせていただきます。

その4 葬儀社の比較

葬儀社に任せると高くなる!?

葬儀費用が高くなる原因は、葬儀社が組み立てる料金体系と、申し込む方がイメージする料金体系に大きな隔たりがあること。

実際に費用の総額平均を見ると、あらかじめ総額の予算を設定した方に比べ、「一切を葬儀社に任せた」という方のほうが50万円以上も高額になっていることがあります。

 

葬儀社によって費用は全然違います。見積書を最低でも、3件は取って下さい。

ただ、費用だけに、とらわれ過ぎないことも重要です。

多くの葬儀社は <宗教・宗旨・宗派問わず> <家族葬から社葬まで>とアピールしています。

しかし、各社に特徴。個性は必ずあります。

個性を見極めたうえで、自分の価値観と一致する葬儀社を選んで下さい。

最大のポイントは事前に直接スタッフと顔を合わせる。

葬儀社選びで一番大切なことは、<あわてて決めないこと>です。

 

その5 相談方法は?

電話、お宅へ訪問相談、メールでも大丈夫です!!

もちろん直接来館されてのご相談も可能。

(葬儀などで会館を使用している場合もございます。

来館相談される場合は一度お電話いただけると大変助かります。)

事前に資料(パンフレット)のみ見たい。

郵送して欲しい方もご連絡下さい。

 

 

 

osouhiski_iei

パンフレットやWEBだけの判断は難しく、最低でも電話、できれば直接会って相談して下さい。

また里山葬祭では24時間 1級葬祭ディレクターが電話口に直接出ます。

(コールセンターでの対応では無く、瞬時に質問に対し即答出来ます。)

又 、1級葬祭ディレクターが経営者も兼ねていますので、費用の相談もお電話口で即答出来ます。)

 

終活とは

終活とは「人生の終わりをより良いものとするため、事前に準備を行うこと」です。

 

例えば、自分のお葬式やお墓について考えておいたり、財産や相続についての計画を立て、身辺整理をしておくといった内容で、これらの活動を行うことで残された家族に迷惑をかけることも無くなり、また、安心して余生を過ごすことができます。

葬儀の事前相談も終活の1つと言えます。

「自分のため・家族のために葬儀の準備をしている=終活」

準備をすることで費用を抑えることができるのです。この事実を、ご存知でしたか?

ご自身や大切な方の「死」「葬儀」のことを考える――それは、縁起でもないことかもしれません。

ですが、いざ大切な方を亡くすと、突然の不幸に気持ちが動転してしまうのは否めないのです。

悲しみを抱えながら、事務的な準備に追われる……そのなかで、どうして冷静な判断ができますか。

しばらく日が経ってから「あのときこうしておけば……」と後悔される方は少なくありません。

たとえ縁起でもないことであっても、備えあれば憂いなし。

葬儀のことも含めて、大切な方とのお別れについて、そして人生について向き合って考える時間は、

きっとかけがえのない時間だと里山葬祭(低価格葬推進センター)は考えています。

 

満足・納得のいく葬儀のお手伝いをさせてください。

二度とはない大切なお別れのために、一緒に考えましょう

お葬式の考え方も希望も多種多様に変化しております。 お金をかければいいというものではないですし、逆に何もしなくていいというわけにもいきません。誰もが望んでいることは、「満足・納得できる葬儀をしたい」ということではないでしょうか。いつかは誰にも訪れ、二度とはない大切なお別れのために、一緒に考えましょう。

お葬式の意味

最近では 「形だけのお葬式なんて不要」 「無宗教や家族葬で十分」 という考え方もあり、本来の意味や大切さが見失われがちです。 お葬式はそもそも誰にとってどんな意味を持つセレモニーなのでしょうか。 尊い命をつなぐ大切な儀式として、お葬式にはいろんな意味があります。

理想の葬儀も人生いろいろ

何よりもまず、亡くなった方の希望や意思を尊重し、費用にふさわしいサービスを適正に受けられること。

「葬儀にお金をかけないでほしい」「簡単に見送ってほしい」という人もいれば、やはり地域や仕事など世間体に配慮し、生前に故人が関わった方々にその死を知らせ、故人らしく盛大に見送ることが手向けとなると考える人もいます。 それぞれが、求める満足に親身になって応えてくれる葬儀会社を選ぶことが『理想の葬儀』への第一歩です。

後悔する前に

葬儀に対する『不安と不満』

多くの場合、遺族は突然の出来事に動転する中、限られた時間の中で他社と比較する間もなく葬儀会社を決め、その担当者と様々な項目を決定していかなければなりません。

あいまいな知識の中で葬儀の内容や段取り、費用のことまで決定していくのは負担も大きく、結果的に「こんなはずでは・・・」という不安と不満も起こりがち。

故人の希望や予算に合った納得のいく葬儀をするためには、事前の準備をおすすめします。

index_fmail_on
 

無料相談フォーム