茅ヶ崎市・秦野市の葬儀・葬式なら最安値価格帯の里山葬祭

新着情報
news

里山葬祭は前向きな終活を応援します。

最終更新日:2015/06/06

里山葬祭は前向きな終活を応援します。

 

ご本人もご家族も、安心のキーワードは「早め早めの対策」です。

里山葬祭の終活とは「自分らしいエンディングに向かって、今をより良く生きようとする活動」のことです。
今までの自分の足どりをふり返る「自分史」を作り、元気なうちにお葬儀について考え話し合います。
葬儀費用を事前に相談したり、遺影写真を撮っておくことは、人生の最期をよりよいものにするためにとても大切な準備です。
里山葬祭はあなたの前向きな「終活」をお手伝いいたします。

・自筆と公言証書の違いって?
・必ず遺言通りに相続されるの?

  • 葬儀

    ・費用が心配
    ・宗派が分からない
    ・地域性
    ・家族葬でやりたいが
     どんな準備がいるの?

  • お墓

    ・後継ぎがいない
    ・墓地がない

  • お墓

    ・近くに家族がいなくて話し合えない
    ・おひとり様
    ・孤独死が心配

  • お墓

    ・家族にもめてほしくない
    ・形見分けをしたい

  • 終活セミナー

    家族に自分の意志をのこせるエンディングノートの書き方、家族葬の注意点、マナー講座など色々なテーマで葬祭ディレクターが行っています。

    スライドやオリジナルの資料をもとに楽しくセミナーは行われました。

  • 相続セミナー

    プロの専門家をお招きして、相続、遺言、お墓の継承問題など、法律上の観点からお答えします。

  •  

ご家族との絆を深めることも、エンディングノートの大切な役割です。

「早めの対策」としてまず思い浮かぶのは遺言書ですが、年齢によっては抵抗を感じる方も多いでしょう。そんな方には「エンディングノート」をおすすめします。遺言書のように法的効力はありませんが、ご本人の意思やご家族への感謝の気持ちを伝えることができます。

エンディングノート「はじめての終活ノート」

項目ごとに書く内容が分かりやすく、書きもらしがありません。
思い出の写真、CD、家族への手紙が同封できるポケット付き、バインダータイプでカスタマイズOK。

エンディングノート – エンディングノートで終活 –

今、エンディングノートを活用した”終活”が話題になっています。
もしものときのために遺族へ伝えたい事柄を書き残しておくためのノート。
人生を思い返すことで、余生の過ごし方を見つめ直すことができます。
また直接は伝えにくいことも、確実に伝えることができるなどのメリットがあります。

里山葬祭では、オリジナルのエンディングノートをご用意しております。
「私」の想いを伝えるために、自分自身を振り返り、整理してみてはいかがでしょう。

 

  • 6/19イズモホール豊川セミナー「互助会のお得な話」開催遺品整理について
 

里山葬祭では、皆様に代わってお手伝いする遺品整理サービスをご提供させて頂いております。遺品整理のプロのコーディネーターが、新設丁寧にお手伝いさせて頂きますので安心してお任せくださいませ。

遺品整理-こんなことでお困りの時にご相談ください
   

 

 

無料相談フォーム