茅ヶ崎市・秦野市の葬儀・葬式なら最安値価格帯の里山葬祭

プラン紹介
plan

【生活保護葬】負担0円で出来る里山葬祭

【生活保護葬】負担0円で出来る里山葬祭
0円

火葬式を基本とし、助成される葬祭費の範囲内で葬儀を行います。 葬祭扶助を適応されるご葬儀の負担金は¥0でのご葬儀となります。

index_img01

生活保護葬とは

生活保護葬バナー

~生活保護葬の流れ~

生活保護葬プラン
直葬
 
 

プランに含まれているもの

icon01 icon03 icon02  
icon10 icon06 icon13  
icon14.5 icon15 icon16  

dryice

ドライアイス(~火葬まで)

icon24_02

 goitaianchi

ご安置(~火葬まで)

 
       

▲ページトップへ

葬儀費用について

生活保護を受給している方が亡くなった場合や、生活保護を受給している方が施主となるご葬儀で 各自治体の葬祭扶助が適用された場合

施主様のご負担は一切ありません

生活保護の葬祭扶助の適用は、

最低限として葬儀を行うという考え方から葬儀式は行わずに、ご火葬のみで執り行われることが多いようです。 ただし条件によっては弊社にて追加費用なく、お別れ会などの葬儀が行える場合も御座いますので、 弊社担当者までご相談頂ければと存じます。

葬儀費用の請求・手続きについて

生活保護を受給している各市町村に、里山葬祭にて、生活保護葬をとり行いたいとお伝えください。 その後、各自治体の指定書類を弊社にて作成致します。 生活保護葬費用の請求手続きも里山葬祭が直接、各自治体の福祉事務所の民生委員と打合せ致します。

手続きでご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

葬祭扶助の受給基準の詳細は、各市町村の福祉事務所、担当民生委員までお問い合わせください。

 

葬祭扶助とは?

葬祭扶助とは、国が定める生活保護法の一つです。遺族などが困窮のため、葬祭を行うことができない場合、国がその金額を負担してくれるというものです。葬祭扶助が支給されるのは、あくまでも葬儀の費用を出すことができない方のみです。
                  故人が生活保護の被保護者であったとしても、葬儀を行う方に葬祭の費用がある場合は支給されません。

支給条件

故人が生活保護の被保護者で、遺族など葬祭を行う立場の方が困窮のために葬祭を行うことができない場合

 

葬祭扶助支給額

大人201,000円 子ども160,800円以内

詳しくは茅ヶ崎市の場合  保健福祉部 生活支援課 保護担当に確認してください

 

葬祭扶助で葬儀を行う場合の注意点

以下は、「生活保護法」の第18条より引用

1項.「葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、下記に掲げる事項の範囲内において行われる。」
  1. 1.検案
  2. 2.死体の運搬
  3. 3.火葬又は埋葬
  4. 4.納骨その他葬祭のために必要なもの
2項.「下記に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。」
  1. 1.被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。
  2. 2.死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。

上記の第1項は、亡くなった方の子、父母、祖父母、孫、兄弟姉妹(※扶養義務所と呼びます)や、その他の遺族が困窮していて葬儀が行えない場合に適用されます。

第2項は、生活保護の受給者自身が亡くなった場合に適用されます。                  

扶養の義務者がいないので、家主や民生委員、隣保班の人などが葬儀を行いたい場合に申請します。

地方自治体の内規や担当職員の判断によって、適用される基準や支給の金額は異なりますが、                  

基本的に必要最低額しか支給されません。

また、第1項第4号の、「納骨その他葬祭のために必要なもの」について。これには、自治体によって、死亡診断書、棺桶、骨壺、位牌、祭壇、読経などの費用が含まれる場合がありますが、ほとんど貰えないと考えていた方が良いでしょう。

よって、葬祭扶助で行うことのできる葬儀は、本当に質素で亡くなった方を棺に納め、火葬場で火葬するだけで、僧侶もつかないということがほとんどになります。

 
options_02options_04
 
 
 
 
 
 

ご質問、お問い合わせ、ご依頼は今すぐ下の電話まで

24時間すぐに対応致します

バナー

無料相談フォーム