お問い合わせ:0120-47-5940
直葬・火葬式99,800円から

家族葬の相場とは

家族葬コラム 2018/10/29

「家族葬」は、家族や親族、極めて親しい人だけで送りだす葬儀のかたちを言います。
参列者が少ないため、葬儀の規模自体も小さくなります。
「葬儀の費用」は「葬儀の規模」とほぼ比例するため、葬儀の規模が小さい家族葬はその分費用も安くなります。

では、この家族葬にかかる金額はいくらくらいなのでしょうか。

データごとによって大きなばらつきがある、その理由は?

家族葬の費用を調べていくと、データによってとても大きな違いが出ていることがわかります。

たとえば「エンディングデータバンク」では家族葬であっても100万円程度いうデータが出ていますし、葬儀レビでは58万円程度という数字が出ています。
また、葬儀会社によっては40万円程度で行える、としています。

この「費用の違い」はどこにあるのでしょうか。

葬儀会社が出してくるデータには、葬儀における重要な要素である寺院費用(宗教者費用)が含まれていません。
これは葬儀の全費用のうちの4分の1程度を占めるものであり、非常に大きなものです。
また、上記の葬儀レビでも、「寺院費用は含んでいない」とされています。

このため葬儀会社や、一部の統計が出す「家族葬の費用」と、「実際にかかった家族葬の費用」の間には大きな金額差が出るわけです。

「値段の安い家族葬」を考える

また、安い金額(10万円程度)を打ち出しているプランの場合は、「直葬(火葬式)」ですね。これは通夜や告別式を行わず、火葬にだけするプランです。
基本的には無宗教のかたちをとること、また通常は2日に渡って借りることになる会場を1日しか借りないこと、そして特段の事情がない限りは小さい葬儀になることから、とても安い値段で執り行えるのです。

また、「1日葬」というものもあります。
これは通夜を含まずに葬式(告別式)1日だけで行うものです。
直葬(火葬式)ほどではありませんが、こちらも費用を抑えることができます。

一般的に「家族葬」という場合は、「通夜や葬式は行う。参列者がいないため規模は小さいけれど、一般的な葬儀のかたちと同じである」という意味で使われます。
そのため、直葬や1日葬とは区別されるのが基本です(特例的ではありますが、「1日葬でかつ参列者を招く」という方法もあることはあります)。

「家族葬」は、「家族だけでゆっくりと見送りたいこと」を目的とするのか、それとも「費用を抑えること」を目的とするのかで、選びわけていくとよいでしょう。

里山葬祭では

里山葬祭は、秦野市と茅ヶ崎市で家族葬を専門に行なっている葬儀社です。
できるだけ無駄を省き、定額の低価格で追加料金不要のお葬式を提案しています。

「ゆっくりお別れしたい」「予算をかけずにお別れしたい」など
「こんな形で送りたい」を形にしてご提案しています。

ご家族の思いや、故人様にあったお葬式、心の癒しとなるようなご提案や、低価格でシンプルなお葬式プランをご提案致します。

プランのご案内はこちら

皆様の不安・疑問・ご要望をお聞かせ下さい。

秦野市、茅ヶ崎市 近隣での家族葬のことなら何でもご相談ください。

| 一覧へ |

お問い合わせ

ご相談は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせ
通話料無料
24時間365日お電話承ります。携帯もOK
お問い合わせ:0120-47-5940 お問い合わせ:0120-47-5940 お問い合わせ:0463-74-5144お問い合わせ:0463-74-5144

ページの先頭へ